イメージ画像

助産院と病院の違いとは

助産師が働く場所として、代表的なのが病院や助産院です。 ですが、職場の違いがよくわからず、どちらを選択しようか悩んでいるという方もいるかもしれません。 そこで、それぞれの仕事内容の違いなどをチェックしてみましょう。

まず、病院の仕事についてです。 多くの病院ではチーム医療を行っており、助産師もチームの一員として力を発揮していく形になるでしょう。 一人一人、それぞれに最適な役割が分担されているため、自分の役割をしっかりこなさなければなりません。

総合病院に勤める場合、助産師の資格を持っている方は産科に配属されます。 ただ、近年は助産師不足の問題も騒がれており、外来勤務と病棟勤務の両方を掛け持つ形になってしまうこともあるようです。

助産院に比べると、様々なタイプの分娩に立ち会うことができます。 助産院では正常分娩しか対応できないため、帝王切開などの異常分娩の場合には病院に運ばなければならないからです。

ですが、必ずしも病院の方が学べることが多いのかというとそうではありません。 というのも、助産院の方が妊婦さんを総合的にサポートしていく形になるからです。

助産院とは、入院床数9床以下の施設のことをいいます。 家庭的な雰囲気に魅力を感じて、病院ではなく助産院での出産を検討する女性も珍しくありません。

赤ちゃんを産むことに特化した施設であるため、チームの一員としてというよりも自分で責任を持って赤ちゃんを取り上げたいと思っている方には助産院のほうが向いているでしょう。

助産院の中には私服で働けるところもあります。 特徴なども助産院で働くかによって違ってくるので、自分がどのような職場環境、職場の雰囲気を求めているのかをよく考えた上で、病院で働くのか助産院で働くのか検討してみると良いですね。

一人一人との触れ合いは、どうしても病院の方が薄くなりがちです。 どちらも妊婦さんを支えるという立場では変わりないのですが、妊婦さんとより深く関わっていきたいと思っているのであれば助産院の方が向いているかもしれません。

このページの先頭へ