イメージ画像

少子化が進む日本で助産師の将来の展望について

現代の日本は少子高齢化社会になっています。 分娩数自体が減少しているので助産師の役割である正常分娩の介助の機会も少なくなっています。 産科や助産院なども閉鎖が相次いでいます。

このようにみると助産師の活躍するシーンは少なくなっているように感じます。 ここでは、少子化が進む日本で助産師の将来の展望について考えてみましょう。 実際に分娩数と出産介助の数は少なくなっています。 けれども助産師は現在、新しい役割を担う存在としてクローズアップされています。

分娩数が少なくなり、小児科医・産婦人科医を目指す医師が減少しています。 その理由は医療行為の対象となる乳幼児や小児の絶対数が少なくて大規模な病院でも求人が少ないからです。 将来的に開業するにしても経営していけないということもあります。

こういった産婦人科医が少なくなってきた現状をカバーする必要がでてきました。 そこで注目されるのが助産師が妊産婦の健診や指導をする<助産師外来>です。 助産師外来が一般化することによって助産師の資格を有効活用できますし地位向上にも結びつきます。

現代は核家族化が進んでいます。 自分自身が出産するまでに赤ちゃんに接する機会がない女性が大勢います。 子育てに関して教えてくれる親と別居している人が多いです。

そんな環境下で妊娠・出産・育児はとても不安や悩みが多くなり妊産婦さんに適切なアドバイスをすることが助産師に期待されてきます。 助産師が仕事の対象となるのは妊娠した女性に限りませんし出産に関する性の話も必要になります。

避妊や家族計画は社会全体でも正しく理解する必要があるし大切な生命を守っていかなければならないのは人類の努めです。 助産師は豊富な知識をフル活用して学校での性教育指導をしたり家族計画指導など保健指導者としての役割も期待されています。 もちろん出産を終えたママさんの身体の体調の相談や指導も必要です。

子どもの数や出産の数は毎年減少傾向になります。 しかし、同時に社会は子どもを守っていきたいという意識の高まりをみせています。 仕事をする女性に対しての出産や育児の環境の整備が進めば出生率も増加になるでしょう。 そういった活動を行っていくのも助産師の役割のひとつです。

このページの先頭へ