イメージ画像

助産師になるには、どういったルートがあるのでしょう

人の誕生にかかわる仕事が助産師です。 ここでは、助産師になるには、どういったルートがあるのかを説明いたします。

まずは助産師国家試験に合格しなければなりません。 助産師の試験を受けるためには看護師資格を取得していなければならないからです。 看護専門学校や看護系短期大学を卒業した後で看護師国家試験に合格するのが第一条件です。

その後、指定されている助産師養成学校で一年以上に渡って助産師に必要な知識を勉強します。 臨床実習で実践的な技術を身につけた人に対して助産師国家試験の受験資格が与えられるのです。 一部の4年制看護大学や専門学校では看護師養成課程に助産師養成カリキュラムを設定しているところがあります。

その場合は看護大学の課程を修了することによって「看護師」と「助産師」の両方の国家試験の受験資格を獲得できます。 ただし条件があって助産師国家試験に合格していても看護師国家試験が不合格である場合は助産師の免許は取得できません。

助産師国家試験の合格率は90%以上と高いです。 まじめに授業を受けて実技をマスターすれば、まずは問題なく合格できるのです。 けれども助産師を目指す人にとって本当に難しいのは国家試験に受かることではありません。 むしろ助産師養成校に入ることが難しいです。

助産師養成学校は看護学校と比較しても圧倒的に数が少なくて定員も少人数です。 中には看護師として病院で仕事をしている間に助産師の仕事の素晴らしさに目覚めて助産師養成学校への入学を目指す人も多いです。

現実問題として看護師の仕事をしながらの受験勉強はとても難しいです。 学習に費やす時間が取れる看護学校時代に将来を考えて助産師養成学校へ入学するための受験勉強をするのが理想的でしょう。 看護師と助産師両方の国家試験受験資格が得られる看護大学のカリキュラムもあります。

しかし、その看護大学に入学した学生全員が受講できるわけではなくて、こちらも厳しい定員があります。 助産師になりたくても定員に入れなかったら看護師免許を取った後に助産師養成校に通わなければなりません。

以上、助産師になるには、どういったルートがあるのかを説明いたしました。 まずできるだけ早い段階で「助産師になる」という意思を固めましょう。 そのための学校を探して受験勉強など早目の情報収集と準備を行うことがポイントになります。

このページの先頭へ