イメージ画像

助産師はどういった仕事・役割をするのでしょうか?

助産師は、かつて<産婆さん>と呼ばれていました。 出産のときに赤ちゃんをとりあげることを生業にしていたのが産婆さんでした。 明治時代中期までは特別な資格がなくても産婆さんの仕事はできていました。

しかしながら1899(明治32)年には産婆規制と名簿登録規則が発布されました。 その後、法律が整備され社会的なニーズに対応し地位向上が図られ産婆>助産婦>助産師と呼ばれるようになりました。

ここでは「助産師がどういった仕事・役割をするのか」を説明いたします。 一般的に助産師の仕事は<出産に立ち会って、赤ちゃんを取り上げること>という認識でしょう。

けれども実際にはそれだけではなく妊産婦や新生児の保健指導を行うという大切な役割があります。 分娩・妊婦の健康管理・妊娠中の食事や運動などの生活指導も大切な仕事です。 出産した後も体調管理・母乳指導・乳児指導もあります。

妊娠から出産・育児まで人の誕生に関するトータルな流れを管理・指導するのが助産師の役割です。 妊婦だけでなく産前教育で全女性に<親になること>や<妊娠・出産すること>の知識を普及させることや家族計画の指導をすることも社会的には大切な役割です。

産婦人科医には男性医師が大勢います。 しかしながら助産師は男性の資格が認められていないことについての論議があります。 助産師は医師以上に妊産婦の日常に密着して医学的な知識を持ち女性視点でのアドバイスをしたり相談にのってくれる存在だから男女の特性を活かしていると言えるでしょう。

助産師は病院に勤務することもありますが単独で<助産院>を開院してもよいのです。 しかし日本の法律では正常な分娩の介助のみが医師の指示なしで行える助産師の行為になっています。 正常な分娩が難しい場合や異常を見つけた場合には医師の指示によって安全な出産ができるような連携が必要です。

(1)適切な判断力
(2)確かな技術
(3)広い医療知識を持って人の誕生に関わる仕事ですから責任重大です。

だからこそ助産師の仕事はよろこびもやりがいもあるのでしょう。

以上、助産師はどういった仕事・役割をするのかを説明しました。 一般的な勤務先は、大学病院や総合病院の産婦人科や診療所・クリニック・助産院・地域の保健センターになります。

このページの先頭へ